2007年02月23日

タイツとパンストの違いとは?

tightpanst01.jpg

(写真はイメージです)



今日はちょっとなるほど?とうなずける話を(笑)

こういうフェチのブログをやっていると、日々そういう関連の疑問がふと
頭のなかによぎったりします。

タイツとパンストとストッキングの違いって?どこなんだ?

ふと思ったので、いろいろとネットで調べてみました。

結論的には

タイツは・・・ファッション(服装)から波及したもの

パンストは・・・靴下から波及したもの


だそうです。



もともと、タイツというのは、バレエで使用しはじめ、ファッション性を重視したものの
ようなのです。ですので、スカートやパンツなどと同じ用途だということです。

次にパンストですが、パンスト(Panty Stocking)は和製英語であり、開発・販売
したのは日本らしいです。

もともと海外であったストッキング(太ももまでのもの)がずれないようにする為に
開発されたもののようです。



タイツの流れは服から・・・・

パンストの流れは靴下から・・・・

という感じですね。


ですので、このストッキングというのはいわゆるガーターベルトで固定して、使う靴下
ですね。

となれば、次は、パンストとタイツの境目っていうのはどこだ?と思うのが次の
疑問になりますが、これは各メーカーによっての呼び方があるようです。

パンストやタイツに使う、糸の太さで分けるらしいのですが・・・・。

デニールという単位があります。生糸や化学繊維の太さを測るのに使う単位で
デニール数が大きくなればなるほど、
太くなるとのことなのです。

1999年以降、デシテックスという表示に切り替わりつつあるらしいですが・・。


あるメーカーによると

7〜19デニール・・・ストッキング
20〜39デニール・・・オペイクタイツ
40デニール以上・・・タイツ

と分けているのだそうです。


40デニール以上であってもストッキングと書いているメーカー
もあるようなのでそのあたりの境界線というのはほんとあやふや
なのでしょう(笑)

タイツの場合繊維自体が太いので様々な柄などが織り込め
たりして、ファッション性を向上させていますね。

最近は、パンストでも非常に綺麗な柄のパンストが出てきて、ファッション=パンスト
という図式も当てはまるようになってきてます。


posted by 仁 at 13:56| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | T&Pトリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。